まずは2009年シーズンの〆から。。。

今シーズンを振り返ってみると、周りの釣果を横目に空回りが多かった。情報を仕入れて駆けつけた本流はダムの放水がなく干上がって釣りにならなかった。絶好調といわれた長良のサツキは、時間も有給休暇もつぎ込んだが、対岸で釣り上げる釣り人や、跳ねる魚体を幾度となく傍観するも、しかし釣れたのはチビニジマスやウグイばかり。犀川で良型をかけるも焦って取り込もうとバラシ。
そんな嫌な記憶を払拭するべく、シーズンの締めくくりに9月の最後の日曜日に富山県の里川に出かけたのでした。前もって知人に”癒される川”を勧めていただき、初めての川で不安もあったのですが、何か切り替えるキッカケになればと思い、車を走らせたのでした。

稲穂はタワワに実り、金色の絨毯の様で、そよぐ風も肌寒く秋の訪れを肌に感じる時期になりました。早朝から釣り始めるものの、午前中は魚の反応も悪く、出てもかからない、バレるといった辛い悪夢の中をさまよっていたのです。
c0216534_22275334.jpg

DA35F2.8Limited

それが昼からは一変して、ライズの釣りを堪能。。。プールのライズが釣れない。ちょっと考えて立ち位置を変えてアプローチを変えると。。。
c0216534_22394432.jpg

DA35F2.8Limited

こんなのが釣れました。イブニングが近づくにつれて魚の活性も上ったのか、朝不発のポイントでもライズが起こり、そして水面が割れていきました。う~ん、お陰さまで充分に癒されました。来シーズンも頑張ればいいことがなりますよね。
c0216534_22471054.jpg

DA35F2.8Limited

そして、来シーズンが待てずに、最終日も開田に走りイブニングにて。。。来シーズンが楽しみになってきた。
c0216534_22515640.jpg

DA21F3.2Limited
[PR]
# by pex1413 | 2009-10-12 22:54 | 釣行