カテゴリ:釣行( 38 )

シェークスピアの世界観。。。

Fさんがついにサクラマスを釣り上げたとの一報を受けたのは、師匠からの着信履歴からでした。長い歳月の上にたどり着いた栄光、おめでとうございます。って、周りが急に活性化してきまして4月の有給休暇を急遽九頭竜に当てることになったのです。
木曜日の雨からの増水できっと月曜日はベストに、っと期待に胸を膨らませて日曜日も過ごしていると、見る見る水位は上がり、平水を超えてUNDER 0.8mの世界に突入。むしろ、FLYには良い環境では?フライサイズを抑えても有効では?など、プラス思考を総決起させていざ一路、福井北ICへ!
最近、朝が早いのがめっきり苦手になったのですが、今回は夜明けとともに川岸へ立つことを決意し、ほぼ徹夜状態にもかかわらず眠気も感じさせないハイテンション。ちょうど、M川さんと現地で落ち合い(M川さんはボクが行くことを知らず、ビックリしてましたが)長い一日の挑戦が始まったのでした。
c0216534_23531970.jpg

っが、やはりという言葉は使いたくないですが、しかしそう簡単に振り向かないのが九頭竜の女神いやエリカ様で、水位も今シーズンの最低ではないかと思えるぐらいの0.6m台に一時突入。天気も曇りの予想と程遠い日差しのなか2流し、3流し繰り返すたびに意識も希望も遠のき、集中力の遠のいていく。今シーズンはここで!と決めたポイントでも流してみるが、そのランの開きは水平線のかなたのように感じられ、時間だけが過ぎていく状況。なんとか日没まで踏ん張るもののやはり何も起こらず、S木さんからの電話にも”特記事項なし”。たしかに今年の遡上量は半端じゃないようですがそれでも厳しい現実にみまわれ、今シーズンもあと残すところ一ヶ月(九頭竜の話ですが)、行くべきか?行かざるべきか?
[PR]
by pex1413 | 2010-04-26 23:32 | 釣行

日本人の心のふるさと

4月も半ばを過ぎ、例年ならあの川、この川が気になるといったところですが、改めてもう触れる必要もない今年の異常な寒波のおかげで岐阜方面は早朝は氷点下だったりといまいちぱっとしません。ここは本流系で一発狙いたいところですが、なかなか結果が出ない上に九頭竜詣でがさらにその密度を下げる状況でテンションも集中力も続かない。それでも先週は生態反応があったり、自前の中で最軽量ツーハンドの#5-12’6がここにきて調子を取り戻し、以前はあきらめていたT-14 、10ftが綺麗にとんでいき…経済にとどまらないリーマンショックからもそろそろ回復の兆しが感じられたのでした。
それはさておき、ちょっと癒されたく、またフライ駆け出しのころの原点復帰、って思いもあったのですが、今年の寒波、そして雪代の影響が少ないだろうと三河方面に車を走らせたのでした。
c0216534_1928083.jpg

金曜日に雨が降っていたせいか水位はちょっと高め。遊魚券を買った酒屋さんでも”今年は~”で始まる残念な情報。ハッチはあれどなかなか厳しい状況、本流のモドリのような期待はしていませんでしたが、テンポ良く釣り上りたいのとは裏腹に強めの流れで気持ちよく流すことも出来ず、そもそも魚が出てくれないと気も焦ってくるもんで、止めを刺すような強風にも煽られ。。。しかしまあ、粘ってみれば強い日差しの影響か?、午後を過ぎたあたりから魚も反応し始めてくれ、夕暮れ前にはライズを見つけ、キャッチすることもできちょっとは癒された感じでした。
サイズはもう一つでしたが、まあ低迷する今シーズンですから2割り引きぐらいで考えて、それでもまあ綺麗なアマゴのひれには癒されますね。
c0216534_19554855.jpg
c0216534_19561187.jpg

[PR]
by pex1413 | 2010-04-18 20:00 | 釣行

フライの大きさ。。。

イントルーダー:スチールヘッドをターゲットに北米で考案されたWetFlyの形態。

ボクもスキーナ水系でスチールヘッドを狙った際は大いに活用したその巨大なフライは、Saltでの巨大なポッパーにも匹敵するそのボリュームで、その為一筋縄ではCASTしづらい(ただしスカジットでとてもeasy)。そんなイントルーダーは今では九頭竜川でのサクラマス狙いでするぐらい。

c0216534_8221470.jpg


More
[PR]
by pex1413 | 2010-03-27 08:28 | 釣行

Smoke on the Water

c0216534_2192518.jpg

霧に包まれた九頭竜川で。。。

More
[PR]
by pex1413 | 2010-03-14 21:12 | 釣行

兎に角、開幕しました。。。

”兎にも角にも魚がつりたい。。。”解禁当初ってみなさん同じ気持ちだと思いますが、今年は2月の長良川、犀川と惨敗、九頭竜川はもともと”参加することに意義がある”状態です。そんな状況を打破したく蒲田川の解禁にかけていたのですが、先週の有給休暇は天候不順でスルー、週末はWEB天気予報に騙され(?)寝ぼけ眼で高速道路を走り、美濃辺りで”なんで雨の中???”と気づいたものの時すでに遅く、結局わざわざ高原川でスガジットのキャス連をする羽目になりました。ちなみに最近の技術進歩は目覚しくRIO社のSkagitFlightライン。。。練習の必要が皆無、いやむしろしないほうが良い位です。
そんな迷走奔走した2010年の解禁から1ヶ月を払拭すべく、有給休暇を再調整の上いざ蒲田川へ馳せ参じたのですが。。。

本日の蒲田川(PM16:00ごろ)
c0216534_113288.jpg


More
[PR]
by pex1413 | 2010-03-12 20:51 | 釣行

言い訳。。。

今シーズンが始まって、ひと月が過ぎていくも、周りの釣果を尻目にしながらまったく結果が見えない。あまりにも中身のない釣行でブログにも載せれない。これはどうしたことなのだろうか?

More
[PR]
by pex1413 | 2010-02-28 13:08 | 釣行

2010解禁?

2月1日の長良川の解禁。。。今年も参加することにした。あまり相性の良いとはいえない川で、去年もサツキマスは。。。まあ、愚痴はほどほどに今年こそはと自分を奮い立たせて、いざ美濃へ向いましたが。。。
毎年恒例になってる集合場所に向かうと、すでにマッタリとした雰囲気が漂っていてやはりライズは皆無、魚はいったい何処へ?
c0216534_23405550.jpg
c0216534_23411219.jpg

まあ、ここ数年解禁はこんな感じで釣りへの集中力も皆無、しかし本当の目的はこのお肉だったのです。猪に鹿に、こんな塊は普段はお目にかかれないですね。しかも今年はSさんのプロのお手並みでどんどん捌かれていき、岐阜の河原でこんな綺麗なスライスにカットされました。その手捌きは本当に見ていて飽きなかったですね。本当にありがとうございました。
c0216534_23421718.jpg
c0216534_23425591.jpg
c0216534_23431772.jpg

[PR]
by pex1413 | 2010-02-03 23:45 | 釣行

まずは2009年シーズンの〆から。。。

今シーズンを振り返ってみると、周りの釣果を横目に空回りが多かった。情報を仕入れて駆けつけた本流はダムの放水がなく干上がって釣りにならなかった。絶好調といわれた長良のサツキは、時間も有給休暇もつぎ込んだが、対岸で釣り上げる釣り人や、跳ねる魚体を幾度となく傍観するも、しかし釣れたのはチビニジマスやウグイばかり。犀川で良型をかけるも焦って取り込もうとバラシ。
そんな嫌な記憶を払拭するべく、シーズンの締めくくりに9月の最後の日曜日に富山県の里川に出かけたのでした。前もって知人に”癒される川”を勧めていただき、初めての川で不安もあったのですが、何か切り替えるキッカケになればと思い、車を走らせたのでした。

稲穂はタワワに実り、金色の絨毯の様で、そよぐ風も肌寒く秋の訪れを肌に感じる時期になりました。早朝から釣り始めるものの、午前中は魚の反応も悪く、出てもかからない、バレるといった辛い悪夢の中をさまよっていたのです。
c0216534_22275334.jpg

DA35F2.8Limited

それが昼からは一変して、ライズの釣りを堪能。。。プールのライズが釣れない。ちょっと考えて立ち位置を変えてアプローチを変えると。。。
c0216534_22394432.jpg

DA35F2.8Limited

こんなのが釣れました。イブニングが近づくにつれて魚の活性も上ったのか、朝不発のポイントでもライズが起こり、そして水面が割れていきました。う~ん、お陰さまで充分に癒されました。来シーズンも頑張ればいいことがなりますよね。
c0216534_22471054.jpg

DA35F2.8Limited

そして、来シーズンが待てずに、最終日も開田に走りイブニングにて。。。来シーズンが楽しみになってきた。
c0216534_22515640.jpg

DA21F3.2Limited
[PR]
by pex1413 | 2009-10-12 22:54 | 釣行