カテゴリ:釣行( 38 )

夢から醒めた夢…

c0216534_1242512.jpg


本流、渓流、どこに行っても釣れない。。。




  。。。ライズした。。。。

        。。。春霞の中。。。



     。。。夢の中?。。。

<>(
[PR]
by pex1413 | 2011-04-16 01:13 | 釣行

雲泥の差…

今年も犀川の解禁を逃した…

で、話を聞いていてたまれなくなって馳せ参じたのですが…

金曜日の雨の影響が拭いきれず、釣れたのはフレッシュ(放流したて?)な虹鱒のみ。

帰宅後、改めて今日の水位を確認すると63cmで、解禁日よりも13cm高かった…

この10cmの差の大きさに思い知らされた週末。

写真も撮らずに一日頑張ったのに!!
[PR]
by pex1413 | 2011-02-19 23:55 | 釣行

2011解禁…

長良川が解禁して…

c0216534_21454029.jpg

雪の降る中…

c0216534_2146264.jpg

鍋食べた。







…その夕方…






c0216534_21471676.jpg

親知らずを抜いた。この愛くるしい箱の中身は結構エグイ…
[PR]
by pex1413 | 2011-02-02 21:49 | 釣行

2010年秋?

今年の夏は暑かった…っと、言うのもちょっと頭を傾げてしまうほど、まだまだ暑いですね。先日の気象庁の発表でも異常気象という表現が使われてたそうです。そんな中でも”夏を制するものは試験を制する”お受験ではお決まりのスローガンのもと、今年の11月の試験に向けてキャス連を繰り返す日々。熱中症と紙一重ので何とか8月を乗り切っていました。みなさんご無沙汰しておりました。
しかしまあ9月になったとはいえ、まだまだ日中は30℃を越える気温で、釣りに行っても日中は釣上るどころか川縁に立つものもムリ!っと、行った灼熱地獄で魚も人もイブニングに賭けるしかない状況。高速道路の料金は片道1000円とは言え、車を飛ばして勝負できるのは日没まえの30分ほど。

c0216534_23115963.jpg
c0216534_231296.jpg
c0216534_23121623.jpg


そんな中で釣れたこの魚。。。嬉しくてカシャカシャ写真を撮っていると日は暮れてしまい。。。
まあいいか。
[PR]
by pex1413 | 2010-09-05 23:16 | 釣行

雨の合間で

先月末は代休取得で仕事は休み。悩んだ末に釣行を決行するも、週末からの増水が引かず普段はタラタラで流れの分断されたダム下まで、まるで日本の全てのダムが一斉放水したかのような怒涛の激流で、ああ無念。名誉の撤退を余儀なくされたのでした。
そんな中迎えた週末、天気予報も芳しくなくさすがに釣行は躊躇されたが、悪魔のささやきに耳を傾けてしまった為に、とある源流域に向かいました。とは、言っても天気予報では午前中は小雨ということで、まあ昼前につけば良いって感じで、夜も朝もワールドカップの試合を堪能したのち、のんびりと出かけたのでした。
道中も雨は激しく車に襲い掛かり、弱まる気配も全くなし。「次の山を越えれば…」と期待するも、雨脚は止むことなく、不安を抱きながらの北上、高山についてやっと雨脚も弱まり一安心、一路雲に囲まれた源流域を目指しました。

c0216534_19523243.jpg


ついて早々、風が強くなり空模様が怪しくなり、それとともに昔、イワナのライズに夢中になりすぎて、気がつけば雷雲に囲まれ、半泣きになった記憶がよみがえるとともに不安がよぎり、とても釣りに集中できない。一旦は谷を降りるも、林道に戻ったり、帰路を気にしながら落ち着かない釣りが暫く続くのでした。まあ、こんなときは臆病すぎるのがちょうど良いんです。
暫くは魚の反応も乏しく、セッセと釣り上がっているうちに小雨もパラつき、最悪の雷は回避したようでやっと釣りに集中できるようになると、その雨が良かったのか魚の反応も良くなり。。。

c0216534_20191386.jpg


結構良いサイズのイワナが顔を覗かせます。そうなってくると心の片隅に空模様への不安は残るもののやはりそこは釣り人、調子に乗ってくるモンですね。気がつけば3時間ほどの釣り上がりを堪能し、雨脚も強くなりそうでこの日はほどほどにして帰路についたのでした。

c0216534_20184390.jpg


そしてその帰路の途中、やはり激しい雨に見舞われ。。。
c0216534_20281772.jpg

[PR]
by pex1413 | 2010-07-03 19:37 | 釣行

梅雨に入ったんで

とうとう入梅しましたね。
結構増水で本流筋は難しいかな。

っで、雨が降ったら行きたいところへ向かったのでした。

昼前からまずは源流域を釣りあがってみるが水位が高く辛うじて遡行できるが、
さすがに魚の反応はなし。。。
その後も川をさ迷い行ったり来たりを繰り返し、さ迷える子羊。

日もどんどん暮れてきて、最後にココで、っと腹をすえてイブニングに控えていても
魚の気配が無く。。。あれ、魚が跳ねた。。。とりあえず流してみるが沈黙。。。
さらに日が暮れる。。。日が暮れる。。。。あれ、ライズが始まった?

まず、顔を出してくれたのはそこそこの岩魚くんで。。。
c0216534_19465058.jpg


足場が悪くてなかなか写真が撮り辛いけど何とか収めて、ごそごそしてると
もっと大きなライズがして、焦りながらキャストするも後ろの草に引っかかるは、ティペットはクシャクシャに。。。

めげずにキャストすると今度はアマゴ。
c0216534_19584962.jpg


写真からもわかるようにだいぶ日も落ちてイブニングもクライマックス。
っと、少し下流のちょうど良い位置でさらにライズが始まって。。。これまでだったら、焦ってキャスト→後ろの草に引っ掛けてをサルのように繰り返していたのですが、ココはサルから進化した人間の英知を振り絞り、スペイっぽいキャストに切り替えて。。。スナップTをかましたらフライも乾くし、そのままシュートでもいいし、ロールキャストでも充分。ラインも投げる距離を出しておけば、暗い中でも距離感もつかめて、暗い中でも着水したフライがわかりやすい。
ウンチクはさて置き、ダウンクロスで流れていく#11のダンを加えたのは、ネット枠オーバーの尺アマゴ。
無事に取り込みも済ませて、手にした魚体は主点が綺麗にしかも派手過ぎない理想的な感じ。暗い中何とか写真を撮ろうと、ごそごそ。その瞬間、魚がびっしゃ!あ”~!アマゴは闇の中に消えて行ったのでした。
まあ、フライが見えなくなるまで頑張れ、久々にイブニングを堪能できたのでいいか。

More
[PR]
by pex1413 | 2010-06-20 19:28 | 釣行

梅雨入りを前に。。。Ⅰ

最近、とてもスランプに感じ、のた打ち回っているような焦りだけが、もう一年近く続いてました。
確かに去年は釣行も少なかった。。。いや、長良川のサツキに執心してしまい、本流では結果が出ない。いつしかemergency回路が働いてその記憶さえも勝手にエスケープしないと自己の存在が保てないのだろうか。単に物忘れが酷くなっただけでしょうね、本当のところ。
今年も九頭竜バブルにあやかり一攫千金を手にしようと、シーズンの最初のピークを棒に振ってしまい、何とか梅雨入り前に何とか釣果を出したく有給休暇をとっての釣行に出かけたのでした。

c0216534_21295947.jpg


More
[PR]
by pex1413 | 2010-06-11 08:23 | 釣行

九頭竜最終戦は。。。

今年、歴史的な釣果の上った九頭竜のサクラマスですが、ついに最終週末を向かえましたね。周りでもFさんがついに念願かなったのを初め、かなりエキサイティングなシーズンに。如何とも名残惜しく。。。

More
[PR]
by pex1413 | 2010-05-29 22:00 | 釣行

新しい引き出し

今日は目覚ましをかけなかったら、案の定寝坊してしまい、どうしようか迷ったけど釣りに出かけることにしました。何とか10時過ぎには川の側を車を走らせて本流を攻めてみると、同時に下流からの突風に悩まされ。。。頑張ってひと流しするも水位もイマイチな感じで集中できず、ってことで前から気になってた渓流に向かったのでした。
普段はその流れを横目に他の河川に向かっていましたが、去年のオフだったか聞いた昔話で、以前は良かったといわれ、今シーズンは一度試してみようと決めていました。
適当に川をみて入った試してみると、いい感じで岩魚が顔を出してくれます。

c0216534_012462.jpg


テンポ良く釣り上がれ、魚もそこそこ答えてくれる。なかなか本流の釣りと違ってストレスなく癒されます。型もそこそこなのがそろって、ハッチも多くて。。。久々に意気揚々とイブニングに望みましたがさすがにそこまでは上手くいかず、サイズ的にもう一歩といった感じの山女がそれでも綺麗な魚体を見せてくれましたが。
[PR]
by pex1413 | 2010-05-17 00:21 | 釣行

ちっと、上向き。。。

GWの最中の人出はいつもながら閉口しますが、懲りずに午前中は本流、イブニングは比較的近場でライズ狙いという算段で、強行したのですが。。。
最近、マイブームなのが#7 10fのRODにスカジットショート375grnをのせてシングルスペイでのWETなんです。まずはこの10Ftのシングルハンド。。。SAGEの超~ファーストテーパーラインナップのTCXの中で一際異彩を放つ#7、10ftその存在の目的は?未だに知らず所有しているだけで周囲からはキワモノ扱いされるのですが、しかしいい感じなのです。犀川の本流のようなところは苦しいですが、割と小さいポイントが点在するような川では、しかも今日のSUVでは室内も広く、ロッドを継いだまま移動でき、機動力もルアーなみ(?)。いい感じと思えるのですが、スイッチロッドの流行にもついていけず、残念ながら周りに賛同者はいません。

この異端児RODを引っさげて目的のポイントに向かうが、さすがに人も多く、先行者がいて入れずポイント探し、そのちょっと上流にエエ感じのところがあったのでまずは左岸から。。。っと、、小さめの虹鱒がスイング中の一番気持ちいいところでヒット。サイズは30㎝に満たないがそれでもちょっとうれしい。
c0216534_8194612.jpg

一度岸まで上ってポイントを改めてみるとどうも右岸からのアプローチのほうが良さそうで、渡ってもうひと流し。っと、今度はロングキャスト、メンディングが終わりスイングに移ろうかって時に魚がジャンプ。咄嗟にロッドティップを下げてラインを張りつつ重みを乗せると久々の生態反応。無事にランディングできたのはサイズはもう一つですが、元気なぷりぷりの虹鱒のファイトは一年越し、やっぱり気持ちがいいもんでした。
c0216534_7422049.jpg
c0216534_742298.jpg

このシステムを使い出したのは去年辺りだったと思うのですが、くしくも絶不調の真っ只中。なかなか結果に結びつかなかったのですが、今回やっと結果が出てホッとした気分です。

その後も人は多く、思ったポイントには入れず、時間が経つにつれ真夏並みに日差しが強まり、ハッチの中で気持ちよくスイングするという算段はもろくも崩れていきました。
イブニングのライズの結果?現地で落ち合った2人と合わせて3人でライズに弄ばれる結果に。果たしてスランプは脱出できたのだろうか?
[PR]
by pex1413 | 2010-05-03 22:00 | 釣行