PTO in USAO 3

前日が散々な結果、天候は大雨かドピーカンな真夏日か、さすがに心が折れそうになり、諦めてシカゴ観光も考えれたのですが、どうせ後悔するならと言うことで、2日目はシカゴのショップで教えてもらった場所を目指すことに。数多の河川から目的地を絞り込むことに。。。長い流程がClass1にカテゴライズされていている中で帰りの行程も考慮しながら絞りこんだGreatGreenRever。Googleマップで調べてみても良さそうな流れ、ただし殆どが牧草地を流れているよう。ショットガンで追っかけ回されなければ良いのですが。
c0216534_16441040.jpg

そこは、牧場以外になにも無いカントリーロードが続き、果たしてここを訪れた日本人は過去に何人?そして今後何人?と思われるほどの田舎。滞在している市は日本人なれしていてい、僕のへっぽこEngleshでも何とかなるのですが、一度そこを離れると。。。英語弱者に出会ったことも無い人たちばかりで、容赦してくれません。途中の町でファーストフード店で注文したときも、その若い店員さんは彼の人生の中で、今後もこれ以上ヘタクソな英語を話す東洋人には出会わないだろと言う位、笑いを堪えての対応でした。まあ、そういった事態にも動じないように図太くならないとこの国ではやっていけません。
c0216534_16554540.jpg

c0216534_16584455.jpg

目的地についてみると、至る所に黄色い看板が立てられ、人が潜れる木の柵があったり、有刺鉄線を超える梯子があったりして、まあ釣り人Welcomeな雰囲気。いきなりショットガンは無いだろう。取りあえずは少し川幅は狭いけど、ライズが無くても何とかなりそうな流れの所から入川することに。透明な流れの中で水草が茂ったは、今回ずっと妄想していた流れ。
c0216534_1741634.jpg

c0216534_1745421.jpg

そんな中でやっと出てきたのは小振りなブラウントラウト。でも、大きさじゃ無いんですよね、感動って。
[PR]
by pex1413 | 2014-08-03 17:11
<< PTO in USA4 PTO in USAO 2 >>