christmas Island #3

2日目が終わって、ジョバンニから沖でトローリングしないか?と誘われた。正直、No thank you、フラットの釣りはやめられない。彼が気を使ってくれているのは感謝しますが、何となく大名釣り風な雰囲気も醸し出しているのも気になり。。。シンキングラインがない(本当は一応持ってたのですが)とか、まだフラットの釣りに集中したいとかで、ガイドに断ってもらった。ツナもできればオーストラリアスタイルで楽しみたいものです。
っで、3日目もいつもの二人と9mileフラットを目指すことになりました。
c0216534_2352083.jpg

朝一番、フラットに降り立つとエッジのあたりで白いヒレが揺らめく。あれってエイ?違うのは解っていましたがガイドに聞いてみると、ゴールデンとのこと。デカイ。昔、ニューカレドニアに釣行したときの最終日に見たそれが今目の前で再現している。あの時の忘れ物、こんどこそ。
ガイドの指示はトレバリー用のロッドに持ち替えて狙えとのこと。しかしその先には巨大ポッパーが。。。その一抹の不安は的中し、2投目で魚はスクープして逃げ去ってしまった。ガイドにその糸の先に結びつられたものをみせると一言、大きすぎるとのこと。外海を意識して準備した特性ポッパーですが、この出来事を機会に封印されたのでした。

気を取り直してシャローな場所に移動すると、

あれは魚?
そうだ見えるか?
やってみる。

アプローチ、リトリーブ。。。魚が勢いを増して近づいてくる。。。グググッ!
c0216534_23182955.jpg

日を増すごとに自分の目も順応が進み、より良く見える。一連のプロセスが全て掌握できるとその感慨もひとしお。気持ちいい。
また、ここで昨日のガイドのアドバイスを参考に改造したフライで試してみる。
ここで昨日のガイドの気になったアドバスを試してみることに。。。
ダンベルアイに赤め玉、今回もってきた赤マジックで即興で対応したフライで、、、
c0216534_2242937.jpg

c0216534_2271056.jpg

釣れた。立て続けに2連発。楽しいねえ。

その後はボーンもトレバリーもたくさん確認できるもののなかなかフッキングできずランチタイムを迎えてしまった。かなり良いサイズも多かったんですけどね。
昼食後はラグーンと外洋との境を目指して移動。島に上陸して魚を探すが、雲が多くなり。。。
ガイドも憎らしそうに空を睨むが、十分な太陽の光を浴びることができない。
あっちの方向に投げろ、なるべくロングキャストで。。。
ガイドがブラインドキャストを指示してきた。これ、ハワイで経験済みなのですが魚の通り道にブラインドでフライを送り込むと。。。釣れるんですボーンフィッシュが。
ここ、クリスマス島でも同じようにとにかく釣れるんです。Oneキャスト、Oneヒット。
10匹はゆうにこえて数えきれない。
とにかくキャストを繰り返す。あれれ、余り飛距離が伸びない?ガイドから、バックキャストが十分に伸びずにフォワードキャストに移っているとの指摘。確かし意識すると綺麗に飛んでいく。そしてまた釣れる。。。
c0216534_2311554.jpg

とにかくたくさん釣ったあと、ガイドに聞いたところ魚のルートを知ってるとのこと。潮位にあわせてどこに魚がいるかはわかってるってさ。

この後移動してフラットで2匹追加でこの日は終わり。そろそろ気持ちにも余裕が持てるようになってきました。
[PR]
by pex1413 | 2013-11-18 23:25
<< christmas Islan... Christmas Islan... >>