シェークスピアの世界観。。。

Fさんがついにサクラマスを釣り上げたとの一報を受けたのは、師匠からの着信履歴からでした。長い歳月の上にたどり着いた栄光、おめでとうございます。って、周りが急に活性化してきまして4月の有給休暇を急遽九頭竜に当てることになったのです。
木曜日の雨からの増水できっと月曜日はベストに、っと期待に胸を膨らませて日曜日も過ごしていると、見る見る水位は上がり、平水を超えてUNDER 0.8mの世界に突入。むしろ、FLYには良い環境では?フライサイズを抑えても有効では?など、プラス思考を総決起させていざ一路、福井北ICへ!
最近、朝が早いのがめっきり苦手になったのですが、今回は夜明けとともに川岸へ立つことを決意し、ほぼ徹夜状態にもかかわらず眠気も感じさせないハイテンション。ちょうど、M川さんと現地で落ち合い(M川さんはボクが行くことを知らず、ビックリしてましたが)長い一日の挑戦が始まったのでした。
c0216534_23531970.jpg

っが、やはりという言葉は使いたくないですが、しかしそう簡単に振り向かないのが九頭竜の女神いやエリカ様で、水位も今シーズンの最低ではないかと思えるぐらいの0.6m台に一時突入。天気も曇りの予想と程遠い日差しのなか2流し、3流し繰り返すたびに意識も希望も遠のき、集中力の遠のいていく。今シーズンはここで!と決めたポイントでも流してみるが、そのランの開きは水平線のかなたのように感じられ、時間だけが過ぎていく状況。なんとか日没まで踏ん張るもののやはり何も起こらず、S木さんからの電話にも”特記事項なし”。たしかに今年の遡上量は半端じゃないようですがそれでも厳しい現実にみまわれ、今シーズンもあと残すところ一ヶ月(九頭竜の話ですが)、行くべきか?行かざるべきか?
[PR]
by pex1413 | 2010-04-26 23:32 | 釣行
<< ちっと、上向き。。。 日本人の心のふるさと >>